ダスキン藤沢は、ハウスダストと健康、おそうじのことを真剣に考える会社です。

  • 会社案内
  • 社長メッセージ
  • アクセスマップ
  • お電話・メールにてお問い合わせ受付中!
  • メールでのお問い合わせ
トップページ > スタッフブログ > ハウスダスト > アレルギー徹底解明!(4)

スタッフブログ

アレルギー徹底解明!(4)

更新日:2012.10.25

こんにちは。
シマムラですconfident

朝晩すっかり冷え込むようになりましたね~maple    IMG_1984.JPGのサムネイル画像

先日、朝起きてカーテンを開けると
富士山がとってもキレイに見えていましたfuji

これから雪化粧の部分が
どんどん広がっていくのですねーsnow
楽しみです。

 

 

前回のブログでは、
アレルギーについて、
アレルギーの原因、
そしてアレルギーの増加要因について
お話させて頂きました。

では、
どうすればアレルギーを起こさなくてすむのかsign01
また、もし起こったとしても、最小限に食い止めていくためには
どうすればいいのかsign01
 をお伝えしたいと思いますpencil


えっ?eye 簡単なこと!sign02

た、確かにそうですよね。
前回のブログの<アレルギーの原因>
で書かせていただいたことの
逆のことをすればleftright、アレルギーにはなりにくい、
ってことですもんねconfident

アレルギーの原因は、この3つでした。


1.先天的因子・・遺伝

2.後天的因子・・食生活の乱れ、ストレスなど

3.環境因子・・ハウスダスト、花粉 などのアレルゲン




1の遺伝に関しては、、、
自分の体については、どうしようもありませんので、

次の世代にそれを引き継がないようにしていく、
ということが重要ですdanger


2の後天的因子と3の環境因子に関しては
心がけ次第で、減らしていくことが出来ますよねdownwardright


ポイントは

one アレルゲンの影響を受けにくい体をつくることrock

two アレルゲンに触れる機会を減らすことdownwardright


です。
 


one アレルゲンの影響を受けにくい体をつくること

そのためには

「食生活の見直し」riceball
 ・・野菜をたくさん食べ、栄養バランスを考えた食事を取るapple  食事.png
   偏食をしない。
   高たんぱく、高脂肪な食事、インスタント食品、
   食品添加物はなるべく避けるng

   といっても、食品添加物って、
   あらゆる食品に入っているので
   全てを除外するのは難しいですよねdespair
   でも、意識するのとしないのとでは
   違いが出てくると思いますpaper


「ストレスをためない」happy01
 ・・ストレスをためない生活を!
   といっても、現代社会ではそうそう簡単ではありませんよね。
   ポジティブ思考をする、上手にストレスの発散をする
   ことを心掛けてみてください。


「生活スタイルの見直し」run
 ・・幼少期から、外に出て、自然と触れ合う遊びをmaple
   家の中でゲームばかりではtv
       情緒面の成長も期待できませんしね。

   規則正しい生活、メリハリのある生活clock
   自律神経のバランスを整えるにはとっても重要。
   自律神経のバランスが整えば免疫も強化されますupwardright  

   またスポーツをしたりsoccer、大きな声を出したりして
   心身ともに丈夫な体を作ることも大切です。



two アレルゲンに触れる機会を減らすこと

例えば花粉対策の場合、、、
   
「外出時、屋内で花粉を吸いこまない」cherryblossom  コート振る.jpg
 ・・マスクの着用、花粉が付きにくい服装をする

「洗濯の外干しで付いた花粉を持ち込まない」t-shirt
 ・・洗濯ものは外に干さないのも効果的
   自宅に入るときには花粉を落として入るhouse
   
「換気や人の出入りで侵入した花粉を除去する」
 ・・花粉粉が大量飛散する時期には、窓を開けっ放しにしない。
   床に落ちた花粉はモップで除去し、
   空気中に浮遊している花粉は空気清浄器で除去するpunch
   
   

そして、特にアトピー性皮膚炎やぜんそくの原因として
一番多いアレルゲンが“ダニ等のハウスダスト”wobbly

この、ハウスダスト対策は

「ハウスダストの発生を減らす」
「ハウスダストを徹底的に取り除く」
「部屋の換気を行う」


この3つを徹底することで、
家の中のハウスダストの量が随分違ってきますdownwardright


ちなみに、何度も出てくるハウスダストですが、
ここで、再度確認しておきましょうpaper

------------------------

ハウスダストはお部屋の中を浮遊しているチリの総称のことで、
一つの物質ではなく、色々な物質が含まれており、
目に見えるものと見えないものがある。

目に見えるもの・・・綿ボコリ、砂、食べ物のカス 等
目に見えないもの・・ダニの死がいやフン、人間のフケ、カビの胞子 等


------------------------


そのハウスダストを減らす&取り除くためには

oneまず手始めに・・・

じゅうたん、ぬいぐるみ、布製のソファはダニのすみかsign01
 なるべく敷かない、置かないng

 (やむを得ず、利用する場合は、まめに掃除・洗濯を)
  ※畳の上にじゅうたん、は最悪です!

・家具や小物を極力少なくし、観葉植物budは置かないsign01
 →モノが増えるとハウスダストがその上にたまりやすくなります。
  観葉植物の葉っぱにもハウスダストが積もります。
  また、水受けに水が残ったりしていると、
  カビが生えやすくなったりしてしまいますsprinkle

  また、モップがけをするスペースを広く確保することで
  ハウスダストを効率良く除去しますpaper


two そして、毎日行うのは・・・

・毎日こまめにモップがけをsign03
 →掃除機を使ったお掃除では、ハウスダストを舞い上げるだけで
  取り除くことはできませんng
  
  また、部屋のスミ、部屋の壁と家具の隙間、ベッドの下、などは
  お掃除するのを忘れがちな場所です。
  そういった場所にこそハウスダストがたまりやすいので
  しっかりモップがけをしましょう。

・洗濯の部屋干しを避けるsign03
 →室内に湿気がこもり、ダニが増えたり
  カビが生えたりしやすくなります。
  
  雨の日は乾燥機を使用するrain
  どうしても部屋干しをする場合は、
  エアコンの除湿機能を使いましょう。

・日中は、1時間に1回は窓やドアを開けて換気をし、
 よごれた空気の入れ替えをsign03

 →換気をする場合は、部屋の対角線上にある窓やドアを
  2か所以上開けて換気をすると効果的scissors
  昼間、外出して締め切っていた場合は、
  帰宅後にしっかりと換気をhouse


three そして、年に1回は・・・

・布団にはダニがいっぱい。子供寝ている.jpg
  年に1回は布団の丸洗いをsign03
 →布団は丸洗いすることでしか、
  ダニ等のハウスダストを除去することができないのです。

 ふとん丸洗いについては 
 ふとんって水で洗うの!?(1)  (2)へ

・エアコンの中にはカビがたくさん。
 年に1回はエアコンクリーニングをsign03


 エアコンクリーニングについては 
 エアコンの中はカビだらけ!?(1)  (2)へ






上記のポイントに気を付けるだけで
お部屋のハウスダストの量はだいぶ変わってくるはずですpaper



現に、ダスキン藤沢の社長の2人の子供はぜんそくでした。
お医者様からアレルゲンはハウスダスト(主にダニ)と言われ
掃除をこまめにするように、と言われたそうですhospital

それから、社長は、
毎日毎日毎日・・・sun
掃除機を一切使わず、毎朝一番にモップがけ
をし、
定期的なエアコンクリーニングとふとん丸洗いsweat02
実施したことで、

2人の子供はぜん息の発作が出なくなり、
お医者様も驚くほど、
アレルギーを示す検査数値が低くなったdownwardright 
とのこと。


実際に我が子の変化を見た社長は

“徹底的なハウスダスト除去こそが、
 アレルギー改善の近道”punch


を実感した、とのことflair



ハウスダストは、
正しい知識を身に着けて対策を行い、
そして、正しいお掃除をすることで
大幅に減らすことができるのですdownwardright


お子様がアレルギーでお悩みの多くのお母さま方に
ぜひとも、このことを知ってもらいたいsign03sign03

これがダスキン藤沢の思いです。




最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝clover

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダスキン藤沢は、ハウスダストと健康、
おそうじのことを真剣に考える会社です。

http://www.we-serve.co.jp/


こちらのページにて
ハウスダストについて、詳しくご説明しています。

http://www.we-serve.co.jp/housedust/

当サイトの閲覧に関する注意事項

当サイトの内容を無断で転記することを禁止します。

当サイトで紹介している各情報の利用・参照等は、

ユーザーの皆様各自の判断でご利用ください。

仮にいかなる損害やトラブルが発生しても、

当サイトは一切責任を負えませんのでご了承ください。 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


 

戻る

サービスに関するご質問や資料請求など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話によるお問い合わせ