ダスキン藤沢は、ハウスダストと健康、おそうじのことを真剣に考える会社です。

  • 会社案内
  • 社長メッセージ
  • アクセスマップ
  • お電話・メールにてお問い合わせ受付中!
  • メールでのお問い合わせ
トップページ > スタッフブログ > ハウスダスト > 最近「ダニ」や「ハウスダスト」ってよく耳にしませんか?

スタッフブログ

最近「ダニ」や「ハウスダスト」ってよく耳にしませんか?

更新日:2014.10.24

 

こんにちはhappy01
ダスキン藤沢でブログを担当しています
シマムラです。

最近、テレビなどでtv
「秋のダニ対策」とか「ハウスダスト対策」
という言葉をよく耳にするな~、
なんて感じませんか?

また、風邪が流行る前なのに、
耳鼻科や小児科が混んでいたり・・・hospital

実は、
秋はアレルギーが一番出やすい季節なんです。

なぜかというと、


(1)花粉症を引き起こすブタクサやイネ科の植物の
   花粉が飛ぶ季節だからbud

(2)ダニアレルギーを引き起こす、ダニの
   死がいやフンが一年で一番多くなる季節だから
up

(3)季節の変わり目で体力・免疫力が落ちやすくdown
   普段は害にならないものも害となり、
   アレルギーを発症しやすい季節だから

なのです。


(1)の花粉症対策に関しては、
春の花粉症対策と同じで、

1.花粉との接触を避ける
2.早めに病院(耳鼻咽喉科)に行く
3.体質改善

ということが考えられます。
花粉症対策についてはこちらのブログで詳しく
書いてありますのでご覧ください。

ブログ「2013年春の花粉症対策(2)」

(3)の体力・免疫力が落ちやすくなる、
という点についても、上記、花粉症対策の
「3.体質改善」を参考にしてみてくださいね。


では、

(2)ダニアレルギーを引き起こす、ダニの
   死がいやフンが一年で一番多くなる季節だから

こちらについては、

なぜ一年で一番多くなるのか?
また、対策はどうすればよいのか?

について詳しくご説明させて頂きたいと思います。

ダニアレルゲン.jpg

その前に、「ダニ」と「ダニアレルギー」について、
予備知識を。。。


「ダニ」ってこんな生き物なんですeye

↓↓

好む温度:20~30度
好む湿度:60~80%
エサ:人のフケやアカ、カビ、ホコリ等
すみか:布団、カーペット、ぬいぐるみ、布製のソファー等
    (暗く、もぐれる場所があるところ)

メスは一生に100個の卵を産み、
卵は1~2週間で孵化して成虫になり、
寿命は2~3ヶ月

ダニは1日に6個のフンをする
→寿命を80日と仮定すると、
 1匹のダニが一生でするフンの数は180個

 

さて、この「ダニ」
シマムラも最初は驚いたのですが、
生きているダニそのものは
アレルギーの原因になりません

アレルギーを引き起こす原因物質(=アレルゲン)は

“ダニの死がいやフンが乾燥して粉々になったもの”

なのです。

これらは、1~5ミクロンという、
とてつもなく小さなサイズになり、search
少しの風でも舞い上がって(人が動くだけでも)
空中にフワフワと浮遊しています。

人間の気管支は良く出来ていて、
フィルターのような役目をしており、
5ミクロン以上のものは通過させないようにできています。

しかし、5ミクロン以下になった死がいやフンは
吸い込むと気管支を通過して体内に入ってしまい、
ぜん息を発症させてしまうことがあるのです。

また、鼻から吸い込めば鼻炎に、
皮膚に触れてアレルギー反応を起こすと
アトピー性皮膚炎を引き起こしてしまいますhospital

では、

なぜ秋に、ダニアレルギーを引き起こす、
ダニの死がいやフンが一年で一番多くなるのか?

高温多湿を好むダニは、
日本では梅雨の時期に増殖しますrain

梅雨に生まれたダニはちょうど秋になると寿命を迎え
また、涼しくなり湿度も低くなる秋になると死に
死がいがたまるのですup

そして、掃除できちんとダニのフンが
取り除けていなければ
夏の間に増えたフンもたまりますup


家の中で一番ダニの死がいやフンがたまっているのは、

「ふとん」 punch

一日で一番長い時間を過ごす場所でもありますし、
顔の近くにあり、ハウスダストを吸い込みやすいので
要注意です!!danger

夏の間たくさんの汗を吸い込んだ敷き布団・・・
高温多湿な押入れの中に入れておいた冬布団や毛布・・・

これらはダニの格好の繁殖場所なんですsign03

ふとん1枚には「ダニが数万から数十万匹いる」
と言われています。


梅雨~夏にかけて
メスは一生に100個の卵を産み、
卵は1~2週間で孵化して成虫になり、
1日に6個のフンをして
2~3ヶ月で寿命を迎える・・・

そして秋。
とてつもなくたくさんのダニの死がいと
とてつもなくたくさんのフン。

1匹のダニが一生でするフンの数は180個で、
ふとん1枚にダニが1万匹いるとすると
夏の間にするフンの総数は180万個sign03

それらが秋の乾いた空気で乾燥して粉々になり
それを私達が吸い込んでしまい、
アレルギーを発症してしまうことにbearing


それでは、アレルギーを発症させないために、
一年で一番ダニの死がいやフンが多くなる秋に、
どのような対策が有効なのでしょうか paper


先ほど書いたように、
一番多くダニがいる「ふとん」。
こちらの対策を行うことがまず第一です!


◆ふとんの対策◆

・ふとん丸洗い
・ふとんの天日干し⇒掃除機がけ 
sun


ダニの死がいやフンは水溶性なので、
おふとんの丸洗いがとても効果的ですgood

大量の水を使い、中綿までしっかりと水につけて
ダニの死がいやフンを洗い流します。

でも、家庭でおふとんを洗うのって・・・
ちょっと難しいですよね。

ダスキンのふとん丸洗いなら
大量のお湯で丸洗いするので、
ダニの死がいやフンを
約98.3%除去することが可能ですok
 

夏の間たくさんの汗を吸い込んだ敷き布団・・・
高温多湿な押入れの中に入れておいた冬布団や毛布・・・

今すぐ、ふとん丸洗いに出して、
ダニの死がいやフンを取り除いてしまいましょう!

ふとん丸洗いについて詳しくはこちら ↓
http://www.we-serve.co.jp/service/futon/

ふとん丸洗いを今すぐ申し込む方はこちら ↓
https://www.we-serve.co.jp/tetsuduki/futon.html

 

ふとん丸洗いをしたら、
後は何もしなくてOK!

だったらとっても楽チンなのですが、
やはりおふとんを洗っても
しばらく使っていると
ダニが増殖していってしまいますthink

少しでもダニの増殖を抑えるために、
おふとんを定期的に天日干ししましょうsun
天日干しでダニは死にませんが、
湿度を下げるのでダニの繁殖を抑えられます。

可能なら1週間に1回以上は、
湿度の低い、晴れの日を選んで
日中10~14時の1~2時間くらい干します。
途中で一度ひっくり返してくださいね。

そして、取り入れるときは
絶対にふとんをたたかないこと。ng

ふとんをたたくと、ダニの死がいやフンを
さらに粉々にしてしまうことになります。
表面のホコリをさっと払う程度にして、
室内に取り入れたら、
ふとんの両面に掃除機をかけましょう punch

干すだけではアレルギーの原因となる
ダニの死がいやフンは取り除けないので
掃除機で吸い取って除去するのです。

掃除機はふつうの家庭用掃除機で十分で、
1㎡あたり20秒かけて
(ふとん1枚両面を3分以上かけて)吸引
すれば、

1㎡あたり100匹以下にダニを
減少させることができるといわれています。

このぐらいのダニ数になれば、
喘息発作がほとんど起こらなくなることがわかっていますshine

また、ダニは線維にしがみつくと
風速40mの風でも吹き飛ばされませんが typhoon
弱い風だと逆に飛ばされてしまいます 。

したがって、高価な吸引力の強い掃除機や
ふとん専用の掃除機などを
新しく購入する必要は全くなく、
普通の掃除機で十分ok

布団専用ノズルを使うことはお忘れなく!
(掃除機についていたり、
 100円ショップなどでも売っています)

 

おふとんは丸洗いをして、
その後、定期的に掃除機がけをしていても
ダニを0にすることは出来ないので
半年~1年に1回は、
ふとん丸洗いに出すことをおすすめします paper

 

◆寝室全体の対策◆

次に寝室全体の対策についてです。

・換気
・空気清浄機の使用
・床のモップ掛け


暑い夏にはエアコンをつけて寝るので、

涼しくなってくると、風邪を引いてしまうので、
寝室の窓は閉めっぱなし。

というご家庭が多いのではないでしょうか。

しかし、ダニの死がいやフンが浮遊する空気を
外に出すために換気はとても重要
sign03です。

朝起きたらすぐ、また、
ふとんを敷いた後はしばらくの間は、
部屋の対角線上にある2つ以上の窓を少し開けてrecycle
換気するようにしましょう。

窓を閉めている時は
空気清浄機のスイッチをON
にしておくと
効果的です。


そして、家族みんなが寝ていて、
空気の動きがない時に、
空気中を浮遊するダニの死がいやフンは
床に降り積もってきます。

このダニの死がいやフンを取り除くためには、
家族みんなが起きる前の朝一番に
そーっとそーっとモップ掛けをすること sun

ダスキンのモップなら吸着剤が付いているので
目に見えない小さなダニの死がいやフンも
しっかりとキャッチして、離しません。

これで効果的にダニの死がいやフンを
取り除くことが出来るのです!


ダニの死がいやフンが一番多くなる秋の季節にmaple

・ふとん丸洗い
・ふとんの天日干し→掃除機がけ 
・換気
・空気清浄機の使用
・床のモップ掛け

これらの対策をしっかりとして
アレルギーとは無縁の
健康的な生活を送ってくださいね!happy01

ブログ用メルマガ登録バナー.GIF


詳しくお聞きになりたい方は
お気軽にご連絡下さい!


◆フリーダイヤル 0120-380-381
 受付時間:平日 9:00~18:00 (土日祝休み)

◆メールでのお問い合わせ
 https://www.we-serve.co.jp/contact/

最後までお読みいただきありがとうございました。

感謝clover

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダスキン藤沢は、ハウスダストと健康、
おそうじのことを真剣に考える会社です。

http://www.we-serve.co.jp/

こちらのページにて
ハウスダストについて、詳しくご説明しています。

http://www.we-serve.co.jp/housedust/

 

当サイトの閲覧に関する注意事項

当サイトの内容を無断で転記することを禁止します。

当サイトで紹介している各情報の利用・参照等は、

ユーザーの皆様各自の判断でご利用ください。

仮にいかなる損害やトラブルが発生しても、

当サイトは一切責任を負えませんのでご了承ください。 

 

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*


 

戻る

サービスに関するご質問や資料請求など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話によるお問い合わせ