ダスキン藤沢は、ハウスダストと健康、おそうじのことを真剣に考える会社です。

  • 会社案内
  • 社長メッセージ
  • アクセスマップ
  • お電話・メールにてお問い合わせ受付中!
  • メールでのお問い合わせ
トップページ > スタッフブログ > ハウスダスト > 「ホコリでは死なない」のウソ!ぜんそく死を減らせ!

スタッフブログ

「ホコリでは死なない」のウソ!ぜんそく死を減らせ!

更新日:2012.11.13

 

こんにちは。
シマムラですconfident
柿.JPG
 
 
朝晩、肌寒いくらいになり 
冬が近づいてきたな~snow
って感じるようになりましたね。
 
週末、シマムラ宅では、お庭の柿を収穫しましたhairsalon
今年は表年だったのか、たくさん取れました!
さて、こんなにたくさん、何作ろうかなnotes
 
 
 
 
さて、昔から、
ちょっと忙しくておそうじが出来なかったときの言い訳coldsweats01
 
「ホコリで死にゃ~しないわよ~paper
 
って、よく聞きますよねear
 
 
でも、これって本当でしょうかsign02
 
 
実は、、、
 
 
<ぜんそくよる死亡者 2011年は2,060人>
 
 
え!?eye
って思いませんでしたかsign02
 
ぜんそくとは気管支が発作的に狭くなり、
ゼーゼーする、咳が出る、息苦しくなる、
などの症状をきたす病気です。
 
残念なことに、
日本では毎年、こんなにたくさんの方が
ぜんそくで命を落としているのですthink
 
2000年くらいから吸入ステロイド薬の普及により
命を落とす方は減ってきていますがdownwardright
(それまでは毎年5,000人近くの方が命を落としていました)
 
一方で、ぜんそく患者は年々増加傾向upwardrightにあり、
1960年代では子どもも大人も
人口の1%を超えるか超えないかだったのが
 
21世紀に入り、子どもで約6%と30年前に比べて6倍に増えup
大人も約3%と、3倍にも増えておりup
昨今では、日本全国で400万人以上の患者がいると言われていますhospital

(少し余談ですが、温暖化の影響で、
 世界的にもぜんそく患者は増加しているとのこと。
 ヨーロッパでは、大人の24%超sign01、子供の30~40%sign01
 何らかのアレルギー症状が出ていると
 推定されているそうです! 
 ものすごい人数ですね・・・bearing
 
どうしてこんなに増えているのでしょうかsign02
 
ぜんそくの原因には、もちろん体質的なこともあります。
しかし、ぜんそくを起こしやすい体質や
遺伝子を持つ人が増加したのではなく、
それよりも環境要因が大きく影響しているそうです。
 
ぜんそく、というと、公害が原因であった
「四日市ぜんそく」を思い浮かべる方もいるかと思いますがbuilding
工場の排気規制が進められた結果、最近では公害による
ぜんそく患者は減ってきていますdownwardright
 
 
それに対して増えているのが、
「アレルギー」が原因で起こるぜんそくです。
 
子供のぜんそく場合、
約90%が「アレルギー」が原因searchと言われています。
 
一方、大人のぜんそくも半数は「アレルギー」が原因search
あとの半数はアレルゲンが特定できないタイプで、
「風邪」、「タバコの煙smoking」、「ストレス」、
「香水の香り」、「気候の変化」などの
外部の刺激が原因と言われています。
 
 
特に、この「アレルギー」の中でも、
「ハウスダスト」が原因であるケースがほとんどsign03  

小児ぜん息咳き込む.jpg

とのこと。
 
 
つまり
 
ぜんそく患者増加の原因=ハウスダストの増加up
 
ということなのです。
 
 
 
なぜ、ハウスダストが増えているのかsign02
 
以前にもご紹介させて頂きましたが、
「住環境の変化」が大きな要因houseです。
 
昔の住宅と比べ、現代の住宅は気密性が高くなりました。
 
気密性が高くなったことで
ダニやカビが繁殖しやすい環境となり、
そのダニの死がいやフン、カビの胞子といった、
ハウスダストが増加upwardright
 
また、すきま風で部屋の空気が入れ替わることもなくなり
意識的に頻繁に換気をしないとrecycle
部屋の空気は汚れたまま
 
ダニの死がいやフン、カビの胞子などの
アレルゲン(=アレルギー反応を引き起こす原因物質)
が充満した部屋で過ごすことが多くなってしまいましたbearing
 
 
アレルゲンに触れる量が多ければ多いほど
アレルギーは発症しやすくなってしまうのでupwardright
 
アレルゲンの量が増え、
アレルゲンに接している時間が長くなった現代に、
ぜんそく患者が増えているのは当然の流れと言えそうです。
 
また、今現在、発症していなくても
アレルゲンに接し続けていると、いつ発症してもおかしくない、
それがアレルギーですannoy
 
 
 
 
しかしsign03
「仕方ないですね」で済まされる問題ではありません。
 
また一方で
「手の打ちようがありません」という問題ではないですよね。
 
 
アレルゲンの量を減らし、
アレルゲンに接する時間を短くすればclock
ぜんそくを防げたり、症状を和らげたり出来るということですdown
 
 
 
アレルゲンの量を減らす=ハウスダストを減らす
 
 
このことについては、
詳しく書かせていただきましたが
 
 
「ハウスダストの発生を減らすsign01
「ハウスダストを徹底的に取り除くsign01
「部屋の換気を行うsign01
 
この3つがポイントですpaper
 
 
そして具体的には、
 
 
・じゅうたん、ぬいぐるみ、布製のソファはダニの住み家
 なるべく敷かない、置かないng
 
・家具や小物を極力少なくし、観葉植物は置かないbud
 
 
・毎日こまめにモップがけをsun
 
・洗濯の部屋干しを避けるt-shirt
 
・日中は、1時間に1回は窓やドアを開けて換気をし、
 よごれた空気の入れ替えをrecycle
 
 
・布団にはダニがいっぱい。
  年に1回は布団の丸洗いをsweat02
 
・エアコンの中にはカビがたくさん。
 年に1回はエアコンクリーニングをshine
 
 
 
ということでした。
(詳しくはこちらをご覧ください→アレルギー徹底解明!(4)
 
 
 
 
もちろん、ぜんそくに対する正しい知識を持ち、
病院にて先生の指示に従い、
適切な治療を続けることが大前提ですがhospital
 
身近に出来る対策として、
ハウスダストを減らすことが、
ぜんそく予防、ぜんそくの症状を和らげることにつながるのですdownwardright
 
 
今、国を挙げてぜんそく死を減らす取り組みがされています。
一人でも多くの患者さんに、
ハウスダストを減らす「正しいおそうじ方法」
伝わることを願っていますconfident
 
 
 
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
感謝clover
 
 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 
ダスキン藤沢は、ハウスダストと健康、
おそうじのことを真剣に考える会社です。
 
 
こちらのページにて
ハウスダストについて、詳しくご説明しています。
 

当サイトの閲覧に関する注意事項

当サイトの内容を無断で転記することを禁止します。

当サイトで紹介している各情報の利用・参照等は、

ユーザーの皆様各自の判断でご利用ください。

仮にいかなる損害やトラブルが発生しても、

当サイトは一切責任を負えませんのでご了承ください。 

 
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 
戻る

サービスに関するご質問や資料請求など、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話によるお問い合わせ